【公式フル動画配信】映画『黄泉がえり』を無料視聴する方法!竹内結子・草彅剛主演/主題歌に感想も!

黄泉がえり動画フル

映画「黄泉がえり」の動画を公式見逃し配信でフル無料視聴する方法を紹介します。

『映画をフル視聴したい!』
『黄泉がえりの動画配信はある?』
『広告なしで無料配信してるサイトはある?』

「黄泉がえり」の動画を楽しみたい方に一番お得な動画配信サービスを紹介します!

「黄泉がえり」を今すぐお得に見るならTSUTAYATV&DISCAS

「黄泉がえり」はTSUTAYATV&DISCASでの視聴が一番お得でした。

  • 今なら30日間の無料トライアルを実施中
  • 無料トライアル中の解約で利用料はタダ
  • 公式サイトの見逃し配信だから安全に視聴できる

『公式の見逃しサイト』で無料トライアルを利用してお得に映画の動画を楽しむ方法や他のサービスでの配信状況を本記事では詳しく紹介していきます。

あらすじやネタバレ、視聴した感想も併せてお届けするので映画を視聴する参考にしてくださいね。

\30日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
黄泉がえり
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

「黄泉がえり」のフル動画を無料で見る方法

「黄泉がえり」の動画を無料で視聴できるのはTSUTAYATV&DISCAS!

「黄泉がえり」はTSUTAYATV&DISCASでレンタル中です!

TSUTAYATV&DISCASは動画配信と宅配レンタルを一緒に楽しめるお得なサービスです。

人気の国内映画以外にもジャニーズ作品やジブリなどTSUTAYATV&DISCASでしか視聴できないラインナップで映画やアニメが好きな方に人気のサービスです。

TSUTAYATV&DISCASの特徴(月額料金・無料期間など)

項目 特徴
月額料金 2417円(税込み)
無料トライアル期間 30日間
ポイント 1100ポイント/月
受けられるサービス 10,000本以上の動画視聴
DVDのレンタル
※旧作は借り放題
※無料期間中は8枚までレンタル可

今なら無料トライアル実施中!

TSUTAYATV&DISCASは現在30日間の無料トライアルを行っているので無料トライアル中に解約すればタダで作品を見ることが可能です。

\30日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル

「黄泉がえり」の見逃し動画配信サービス一覧

「黄泉がえり」を見逃し配信しているサービスを調べました。

TSUTAYATV&DISCAS 〇(レンタル中)
Hulu ×
U-NEXT ×
Paravi ×
FODプレミアム ×
dTV ×

現在「黄泉がえり」は動画配信されていません。

しかしTSUTAYATV&DISCASを利用すれば宅配レンタルで視聴することが可能です!

店頭へいくより家で好きなときにレンタルでき、見たい作品が借りられていてガッカリすることもないので宅配レンタルのニーズは高まっています。

全話をあなたの好きなタイミングで見るにはTSUTAYATV&DISCASがおススメです。

30日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
黄泉がえり
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

しかも唯一映画の動画を楽しめるTSUTAYATV&DISCASにはお得すぎるメリットが5つもありました。

【TSUTAYATV&DISCASはココがおススメ!】

  1. 無料トライアルを30日間実施中!
  2. 無料トライアル中に解約すればタダで利用できちゃう
  3. ポイントの利用で最新映画など有料作品もタダで視聴可
  4. レンタルでしか見れないジャニーズ出演作が豊富
  5. 動画配信と宅配レンタル両方を無料体験できる

TSUTAYATV&DISCASでしか見れない作品が多く、お子様のいる家庭から恋人同士まで飽きることのない圧巻のコンテンツ量です♪

違法サイト視聴は注意

「黄泉がえり」のフル動画配信は違法サイトにありませんでした。

違法サイトは現在視聴するだけでも処罰の対象です。

ウイルス感染など取り返しのつかない被害に合った方もいるので視聴は自己責任でお願いします。

注)詳しい危険性や違法性については下記公的機関のサイトを参考にしてください。

政府広報オンライン

日本民間放送連盟

TSUTAYATV&DISCASの無料登録と解約方法を解説

  • STEP.1
    TSUTAYATV&DISCASにアクセス

    公式サイトにアクセスします。

  • STEP.2
    無料おためしをタップ

    『無料おためし』をタップします。

  • STEP.3
    アカウント情報の登録

    メールアドレス、支払い情報などアカウント情報や支払い情報を設定します。

  • STEP.4
    申し込みをタップ

    契約内容に誤りがないか確認を行い、『申し込む』をタップしたら登録完了です。

  • STEP.1
    公式サイトにログイン

    公式サイトにログインし右上の『マイメニュー』をタップします。

  • STEP.2
    登録情報の確認

    『登録情報の確認』をタップし『プラン変更』をタップします。

  • STEP.3
    サービス退会

    メニュー一覧にサービス解除申請があるのでタップします。

  • STEP.4
    申請を完了

    解約前のチェック項目を確認し、最後にサービス解約の『申請を完了する』をタップすれば解約完了です。

公式サイトはこちら

「黄泉がえり」のあらすじ・感想(ネタバレあり)

「黄泉がえり」のあらすじと感想を紹介します。

九州阿蘇のとある地域。ここで少し前から驚くべき現象が頻発していた。死んだ者が、死後も自分のことを想い続けてくれた人の前に、ある日突然現われるのだ。それは、ゾンビや幽霊などではなく死んだ当時のままの姿で蘇るのである。最愛の人との再会に喜ぶ家族や恋人の一方で困惑する周囲の人々。厚生労働省勤務の川田平太は故郷で起った謎の現象を解明するため現地に赴く。そこで、川田は死んだ親友のフィアンセだった橘葵と再会する。葵もまた恋人の黄泉がえりを待ちわびていた。そんなある日、川田は<黄泉がえり>にある法則を見出すのだったが…。

引用:TSUTAYATV&DISCAS公式サイト

大切な人を亡くした経験がある人と、そうでない人で感じ方や受け取るものが随分変わる作品だと思います。
身近な、特に大切な人を亡くした人は少なからず、出来る事ならもう一度会って話がしたいと言う願いを持っているはずです。
逆にもし、自分が死んだとしたら、きっと何らかの伝えたい思いが残るんだろうなと思うので
この作品は、単に死んだ人が蘇るオカルトチックなものではなく、もっと深いものを伝えています。
竹内結子さんと草なぎ剛さんの関係がメインとなりますが、竹内さん演じる葵の予想外の気持ちの展開には
おかしいと言う声もありましたが、そこはやはり複雑な女心なのかなと思いつつ、二人の気持ちもまた切なくて
物語として、素敵だなと思いました。
私にとって、涙なくしては見られない久しぶりに沢山涙を流した作品でした。
柴咲コウさんの歌もとても印象的でストーリー印象に大きく影響を与えていたと思います。
自分は誰に会いたいだろう、もし会えたら何を話したいだろうと、いろいろ考えてしまったり
作品を見ながら、自分に関わる生と死を否が応でも考える、良い機会になった気がします。
素敵な歌とストーリーで、切なくて優しい心に残る、一度は見ておいて損はない映画だと思います。


とても豪華なキャストが揃っていることを再確認してしまいました。
竹内結子さんや石田ゆり子さんの安定した演技力はもちろん安心して見ることが出来る所ですが
まだ初々しい長澤まさみさんや市原隼人さんが、制服姿の中学生で出演しているのは、今見るととても新鮮で可愛らしいです。
いじめによる自殺などシビアな状況を切なく演じています。
2人とも今では立派な実力派俳優として活躍していますが、さすが昔からそれなりの片鱗があったんだと実感です。
他にも豪華な個性派俳優さんなどが脇を固めているのも見どころだと思います。
特に田中邦衛さんの亡き妻との再会シーンが涙を誘い、さすがの感度的シーンを作っているのも
とても印象的で忘れられません。


この映画は、愛する人の前に生前の姿で死んだ人が戻ってきます。誰もが何度か考えたことがある内容だと思います。
もう一度くらい会いたい、そう思うのはきっとどんな人にもあると思います。そんなことを映像にしたこの映画はところどころで涙を誘います。
感情移入しやすい映画だと思います。一番好きなシーンは、耳の聞こえない母が、自分の命と引き換えに娘を産み、黄泉がえりによって娘と会うことができたシーンです。
手話で名前を言うなんともないシーン、とても心に突き刺さるシーンでした。他にも冒頭で子供の頃に亡くなった息子が黄泉がえり、年老いた母が「母ちゃんだ!」というシーンはここだけでもぐっときました。
どんなに時間が経っても、母はやはり息子を忘れることはないのだな、と感じるシーンでした。
いじめを苦にして自殺した少年役が市原隼人さんなのはかなり驚きました。当時はなんともなしに見ていたので、全く気にしていなかったのです。他にも長澤まさみさんも出演しているなど、かなり驚きました。この二人の付かず離れずな距離感がなんだか昔を思い出し、とても良いシーンだったと感じます。いやらしくなく、すっきりとした感覚で見られるシーンでした。


この映画ではひとをかなりイラつかせ、主人公さえも振り回すヒロイン・橘 葵役である竹内結子さんの魅力をお知らせしたいです。
彼女はかなりひとをイラつかせる女の演技がうまく、あざとくなくなんともなしにやってのける感覚がとても新鮮でした。
確かにいる!と言わしめる普通の女性像を演じさせると、彼女ほどしっくりくる女優さんはいません。
美しさも兼ね備え、可愛らしい笑顔もあり、嫌なところがない女優さんです。しかし映画のなかではなかなか主人公を振り回してくれる良いヒロインを演じていました。
ラストまで引き込ませるその演技がまたなんとも言えず儚げであり、美しくもある。両方を兼ね備えた素敵な女優さんです。
是非このいらつくキャラクターを感じてほしいです。


この映画を単純に説明するなら、文字通り、黄泉から亡くなった人たちが帰ってくるお話しです。でも、そんな単純なものではなく、死んでしまった大切な人に、残して逝ってしまった大事な人たちへ、想いの浄化と前進する気持ちを、心の強さをもたらしてくれる、胸を打つストーリーでした。
主人公の川田平太と橘葵、俊介の三人は幼なじみで、俊介と婚約していた葵は、事故で俊介を亡くしていました。
この二人を軸に描かれていく、亡くした人にさまざまな心情を抱く人たちに訪れる黄泉がえり現象は、残された人たちにとって嬉しい再会であったり、戸惑ったり、都合の悪い物であったりと、映画を見ながら現実を思い、考えさせられる部分があります。
一部の地域で限定的に起きていた現象で、しばらくの後、黄泉がえった人たちはみんな消えて、また居なくなってしまいます。残された人たちは、再び同じ人を失う悲しみを味わうのです。
しかし、誰も顔を曇らせたりはしません。なぜなら、一度目に亡くした時、すでに沢山悲しんで苦しんだから。二度と会えないはずのその人たちと、束の間でも一緒に過ごせたこと、心に溜め込んだまま向ける先がなかった想いに、気持ちの整理ができたこと。それらが彼らを、大切な人がいない世界で、新たに生きて行く前向きさを与えてくれたのです。
現実でもこんな風に、亡くなった人に想いを伝えることができれば、みんな救われるのにと、黄泉がえり現象を切望せずには居られない。そんな、心にずっと残る作品です。


黄泉がえり現象にあう、2年間も新曲を出していないRUIというシンガーを演じている、柴咲コウに注目して欲しいです。劇中で流れる楽曲は、すべて柴咲コウさん自身が歌っていて、そのどれもが、より映画に引き込ませてくれる幻想的な曲です。
恋人を亡くしたことで歌えなくなり、死んだのではと噂されるほどだったRUIが、再び恋人と会えたのに、また別れがきたことを悟って歌い上げる姿と、その楽曲がとても感動的で、涙を誘われました。
見終わった後も、あの曲をまた聴きたくて購入したCDは、今でも持っています。
映画と俳優、楽曲がうまくリンクしているので、ストーリーはもちろん楽曲も聴きたくなって、何度も見返したくなる作品になっているのは、柴咲コウだったからこそだと思います。


「黄泉がえり」は、心に響く良いお話なんですよ…。
おススメの邦画ないですか?と聞かれて、その方がメジャーな娯楽映画や文芸作品など話題作を一通り既に観てしまっているような人でしたら、この映画はどうかな、と勧めてしまいます。
ファンタジック・ホラー系の映画が好きな人なら、喜んでくれるはずです。

冒頭は、ハリウッド系の映画にありそうな、巨大隕石が熊本山麓に激突し、なにやら不気味で赤黒く光を放つところから始まります。
日本でもこのようなスぺクタルでスケール感ある映像が造れるのか!と、ワクワク感動して観始められました。
その後は、タイトル通り、日本独特の宗教観、自然崇拝が反映された生死観が強く反映されたストーリー展開となっていきます。

身内及び愛するひとを失った人たちが、日常の生活に普通に黄泉かえって戻ってきた状況に、大喜びし、それまでの喪失感を埋め合わすかのように一緒に暮らす姿になんだか涙が滲みます。
大切に思う誰かが、また戻って来て元のように暮らせたら…世界共通の気持ちですが、お盆が怖くない現実となるような、とても日本的で情緒豊かなストーリーでした。

ヒロインもまた、自分が黄泉がえりの死者であることに気付いていなかったというオチも切ないです。


主演の草薙剛が、冷静に淡々と演じていたのが後々印象に残ります。
特に苦悩すr内面を演じていたとか演技力が、というわけではなかったのですが、非現実的なこの手のお話(特に前半)が似合ってる感じがします。
演技力では、竹内結子のほうが上手いはずなのですが、存在感は草薙剛のほうが勝っていました。

ヒロイン演じる竹内結子は、話題作「いま、会いにゆきます」の前年であるこの作品に、同様な、時を隔てて戻ってきた愛する妻の役を切なく哀しく演じているのが印象的でした。

本日朝のニュースで訃報を見た時、俳優やミュージシャンの代表作となる作品やデビュー作は、その人の人生を象徴となったり影響力があるという事を聞いたことがあったせいか、まるで現実になってしまったようで、とても複雑な気持ちです。


非常に切なく悲しいストーリー、決してハッピーエンドではないのですが、様々な人の思い、人間ドラマが描かれていて心に染みるすばらしい作品でした。まさか竹内結子演じる葵が黄泉がえりだったとは。最初の方で、彼女の乗ったバスが崖から落ちがはずなのに次のシーンでは部屋にいて、あれ?途中が抜けた?と思ったのですが、その時に死んでしまっていたとは思ってもいませんでした。最後の方でなぜ彼女が黄泉がえりだったというのが分かった時は衝撃した。しかし、こうした裏切りは嫌いではなくむしろ大歓迎なので、好きな作品です。草彅剛演じる平太は、葵の幸せのために身を引く男性で弱々しくちょっと歯痒く感じるのですが、でも彼なりに一生懸命頑張っていたのを思うと一層切なくなります。亡くなった人は二度と戻ってこないのですが、でも、一度だけでもいいから再び会いたいという気持ちは痛いほど分かります。わずかな時間でも黄泉がえりで再び一緒に過ごせた時間はかけがえのない宝物として、残された人のその後の生きる力になると思います。現実には決してないことなのですが、黄泉がえりがあって欲しいと願う多くの人の思いを実現した作品、だからこそ多くの共感を呼び、心を掴んで離さないのだと思いました。見終わった後は、人に優しくなれます。


なんと言っても、柴咲コウ演じる歌姫に注目。もともと柴咲コウのファンなのですが、作品中の役は非常に神秘的で魅力的で、歌もすばらしい。もうこの歌を聞くだけで涙が出てきます。最初は歌姫が黄泉がえりだったのかなと思ったのですが、歌姫の恋人が黄泉がえりだったのですね。黄泉がえりにはこうした思いがけないいい裏切りがたくさんあって飽きずに作品内にのめり込むことができました。謎めいた歌姫の存在がこの作品の幅をさらに広げているように感じます。他にも少ししか登場しないのですが葵の婚約者に注目ですい。なんというか爽やかで男らしくてカッコいい。葵が選ぶのはもっともと納得させてくれる人物をそのものです。演じたのは伊勢谷友介で、最近残念なことがありましたが、非常に才能がある俳優ということがこの作品でも分かります。しっかり更生して芸能界復帰を願うばかりです。

「黄泉がえり」のキャスト・出演者

  • 川田平太:草彅剛
  • 橘葵:竹内結子
  • 俊介:伊勢谷友介
  • 斉藤幸子:伊東美咲
  • 斉藤医師:田中邦衛
  • RUI:柴咲コウ
  • 山田克典:市原隼人
  • 森下直美:長澤まさみ

「黄泉がえり」の作品情報・主題歌

番組タイトル 黄泉がえり
公開日 2002年11月
原作 梶尾真治『黄泉がえり』
主題歌 RUI「月のしずく」
公式サイト

2週間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
黄泉がえり
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。 最新の配信状況はTSUTAYATV&DISCASにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。