ドラマ「タリオ 復讐代行の2人」動画を公式見逃し配信で無料視聴!浜辺美波・岡田将生2人の復讐劇の結末や感想は?

タリオ動画

ドラマ「 タリオ 復讐代行の2人」の動画を公式見逃し配信でフル無料視聴する方法を紹介します。

『ドラマを見逃したから全話まとめて視聴したい!』
『 タリオ 復讐代行の2人の再放送はある?』
『1話~最終回まで無料配信してるサイトはある?』
『ジャマな広告なしで見れたらいいのに…』

「 タリオ 復讐代行の2人」の動画を楽しみたい方に一番お得な動画配信サービスを紹介します!

「 タリオ 復讐代行の2人」を今すぐお得に見るならU-NEXT

「 タリオ 復讐代行の2人」はU-NEXTでの視聴が一番お得でした。

  • 今なら31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料トライアル中の解約で利用料はタダ
  • 公式サイトの見逃し配信だから安全に視聴できる

『公式の見逃しサイト』で無料トライアルを利用してお得にドラマの動画を楽しむ方法や他のサービスでの配信状況を本記事では詳しく紹介していきます。

あらすじやネタバレ、視聴した感想も併せてお届けするのでドラマを視聴する参考にしてくださいね。

31日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
タリオ
をお得に視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

「 タリオ 復讐代行の2人」の見逃し動画を公式配信で無料で見る方法

「 タリオ 復讐代行の2人」の動画を無料で視聴できるのはU-NEXT!

「 タリオ 復讐代行の2人」はU-NEXTで配信中です!

NHK作品はU-NEXTとNHKオンデマンドで配信がありますがU-NEXTを利用すると無料トライアルでもらえるポイントを使い実質無料で動画を楽しむことができます。

U-NEXTの無料トライアルでもらえるポイントは600ポイントですが当サイトから登録いただくと1000ポイントの付与が可能です。

NHK作品をお得に視聴したい方はこちらのページから無料登録をお願い致します。

31日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

※NHKオンデマンドの見放題パックを利用する場合…
契約期間は月末締めになります。月の終わりではなく月初に契約することで長くNHK作品を楽しめます。

U-NEXTの特徴(月額料金・無料期間など)

項目 特徴
月額料金 1990円(税抜)
無料トライアル期間 31日間
配信作品数 190,000本以上
視聴可能作品 ドラマ(国内・海外)
映画
アニメ

今なら無料トライアル実施中!

U-NEXTは現在31日間の無料トライアルを行っているので無料トライアル中に解約すればタダでドラマを見ることが可能です。

31日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル

「 タリオ 復讐代行の2人」の見逃し動画配信サービス一覧

「 タリオ 復讐代行の2人」を見逃し配信しているサービスを調べました。

U-NEXT ◎(ポイントで実質無料)
NHKオンデマンド 〇(有料)
TSUTAYA-TV ×
Hulu ×
Paravi ×
FODプレミアム ×
dTV ×

現在「 タリオ 復讐代行の2人」を全話配信しているのはU-NEXTとNHKオンデマンドでした!

ただしNHKオンデマンドは無料トライアルサービスを行っていないため初月から料金が発生します。

全話をお得にあなたの好きなタイミングで見るにはU-NEXTがおススメです。

31日間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
タリオ
をお得に視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

しかもU-NEXTにはお得すぎるメリットが5つもありました。

【U-NEXTはココがおススメ!】

  1. 無料トライアル期間が31日間!他社と比べて最長!
  2. 無料トライアル中に解約すればタダ!
  3. 人気映画をどこよりも早く配信中
  4. NHK作品がお得に楽しめる
  5. 4人同時で視聴可能

U-NEXTは4人同時視聴が可能。

友人や家族と4人でシェアすれば継続しても一カ月500円以下で国内最大のコンテンツを楽しめてしまいます!

違法サイト視聴は注意

「 タリオ 復讐代行の2人」のフル動画配信は違法サイトにありませんでした。

違法サイトは現在視聴するだけでも処罰の対象です。

ウイルス感染など取り返しのつかない被害に合った方もいるので視聴は自己責任でお願いします。

注)詳しい危険性や違法性については下記公的機関のサイトを参考にしてください。

政府広報オンライン

日本民間放送連盟

U-NEXTの無料登録と解約方法を解説

  • STEP.1
    U-NEXTにアクセス

    U-NEXT公式サイトにアクセスします。

  • STEP.2
    今すぐ観る

    『今すぐ観る』を選択します。

  • STEP.3
    アカウント情報・支払い情報の登録

    メールアドレスなどアカウント情報や支払い情報を設定します。

  • STEP.4
    登録完了

    以上で登録は完了です。

  • STEP.1
    公式サイトにログイン

    公式サイトにログインし左上の『三マーク』をタップします。

    歯車マークの『設定・サポート』をタップします。

  • STEP.2
    解約はこちらをタップ

    『契約内容の確認・変更』→『解約はこちら』を選択します。

  • STEP.3
    解約する

    解約していいか確認されるので『同意する』にチェックをいれ『解除する』を選択します。

  • STEP.4
    NHKオンデマンドパックの解約

    NHKオンデマンドパックの『自動更新の解除』を選択します。

    ※NHKオンデマンドパックは月末締めです。
    無料で利用したい場合は必ず無料トライアル契約した月内に自動更新の解除を行ってください。

公式サイトはこちら

「 タリオ 復讐代行の2人」のあらすじ・感想(ネタバレあり)

「 タリオ 復讐代行の2人」のあらすじと感想を紹介します。

第1話:10月9日(金)

主人公となるのは正義感が強いことで評判だった元弁護士(浜辺美波)と怪しげな詐欺師の(岡田将生)です。この二人は、事情を抱えた被害者たちから依頼を受けて悪人に復讐しています。第2話では、妻を殺された和紙職人(竹原ピストル)の復讐劇でした。男が居住している村は昔から信仰心が高かったのですが、ある日、女教祖である(伊藤歩)が出現し、不思議な力で村人たちを帰依させます。しかし、意に従わなかった音のこの妻を呪い殺した、復讐してほしいと懇願します。真実と黒岩は二人で村に乗り込みます。
そして、第3話では、ある娘がパワハラで父を失った復讐の話です。小学生の女の子である(古川凛)から、依頼がきます。なんと、父親(三浦誠己)が転職した会社でパワハラにあり、命を落としてしまったというのです。お金は少ししかないけど、復讐してほしいといいます。そして、真実は先方の会社に乗り込みます。

このドラマを見ていると、なんだか、TRICKを思い出してしまいました。キャストの一部がTORICKに関わっているのもありますし、なんだか世界観が似ている気がしました。そして、テンポがいいところもとても似ています。このドラマでは、岡田将生さんの演じるキャラが面白すぎます。顔がとてもかっこいいのに性格が全然イケメンキャラじゃないのです。3枚目の役までこなせるなんて、岡田将生さんが演技力が高いことがよくわかりました。
ただ、浜辺美波の演技が、ちょっと早口すぎて何を言っているのかわからないところがとても残念でした。
ちょっと、すでに触れましたが、このドラマはとてもTRICKに酷似していて、天下のNHKが民間のドラマのストーリーをパクっていいものかと考えされられてしまいました。


このドラマの最大の見所の出演者者は、岡田将生さんだと思います。彼は、誰が見てもイケメンルックスであるのに、このドラマでは3枚目の役を見事に演じ切っています。自分が全くかっこよくないと思っている演技をここまで性格にできるのは、見事な役者さんだと思います。そして、もう一人のおすすめキャストは、浜辺美波さんです。彼女はなんといってもルックスが、透明感がありとても清楚です。また、人間味も感じるところがあります。ちょっと身近にいそうな女性で、見ているととてもドキドキします。しかし、彼女の演技は結構迫真で、見ている視聴者を時には驚かせてもくれます。また、白沢正弘役として、遠藤憲一さんが出演しているところもとても良いです。強面の顔ながら人柄の良いおじさんを演じています。


真実の爽やかそうな部分と、なんかぐちゃぐちゃになってる現状。なぜ父・白沢正弘(遠藤憲一)は警察に追われる身になり、再会もできないのか。「詐欺事件の黒幕」と証言した詐欺師の橘道三(殺陣剛太)は10年の懲役を終え、出所し、美術館通いをしているという。真実の心情はいかばかりでしょうか。会って聞いてみたいと思ったはずで。実際、2話のさいごに、出かけて行って、美術館の前で会う訳です。その時、相手も感づいたのかどうか。ギロッと睨む訳です。詐欺師の大物が何と言うのか。本当の事を言ってくれるとも限らない。言葉巧みに躱されてしまうのではないでしょうか。その事で真実の今までの物語が生きてくるのです。弁護士になり、失業し、復讐代行業の黒岩に「甘い」と言われても食い下がってきた事。その辺りから、早くもクライマックスのような緊張感がジワッと。もっと修行させて、とは言わせてもらえない視聴者とタッグの真実。緊迫感のある面白いストーリーですね。


ドラマのそこかしこにギャグが仕込まれていて、西城秀樹シリーズ?と思えるほどのブッコミ具合にクスっと笑え、「欧米か?」とか「座布団持ってきて」というセリフなど、ストーリーと共にどこにあるのかがダブルで楽しめるのが良いですね。真実のよく使う「卑怯者ー!」とか「うわー!」という力のない驚きが私のツボで、毎回楽しみにしています。そして真実と、ひょんな事から一緒に仕事をすることになった黒岩とはお互いが前に出ていきたい性格の様で、つっかかる事も多いものの、知力では真実・真実をフォローするのが黒岩という感じに自然となっていて、このデコボココンビの漫才(?)を聞きながら事件を解決していく様を楽しく観られています。


白沢真実(浜辺美波)は、法律などの知識は豊富で勉強熱心なのですが、普段の落ち着きのない言動からは、とても司法研修所を首席で卒業したと思われないそのギャップとゆるさが観ていて楽しい雰囲気を出しています。かたや詐欺師の黒岩(岡田将生)は、割と冷静で観察力もありそうなのですが、どこか軽いというか抜けている感じが、ちょうど真実と良い味を出していて、特にふざけている(いや本人たちは真面目なのかも知れませんが)時の二人の会話は漫才みたいで楽しいです。真実の父である白沢正弘(遠藤憲一)は、今のドラマの雰囲気からは好対照の”厳格だった父”という感じをうまく演じていて、失踪した謎を深める役どころとなっています。今後、この緩さに毒されて行くのか、そのままの性格で最後まで貫くのか楽しみな所でもあります。


主人公・白沢真実役の浜辺美波さん。あまりに忙し過ぎると思うんですが、幅広い役もできる若手のエースといえるような活躍ぶり。驚異的な仕事量への対応力です。昨年のお盆も三夜連続で、NHKのドラマに出演していたんですが、この時は悪女役。腹黒売れないアイドル・黒薔薇純子。口角を思いっきり広げて、悪魔笑いを繰り返す事、度々。笑顔の裏には陰謀があって、フフフ。こういう役柄も得意だったのですが、どちらかというと、メインは困難とたたかう正義の正統派。その正統派の正統派演技が比較的わかりやすく展開される物語が、「タリオ」。弁護士バッジは失くなっても、法律の知識と巧みな弁論は健在です。厳しい視線が相手に脅威を与えない訳はない。ならば、浜辺美波の口元がキリッと真っ直ぐなストレート風の演技を見せてくれるはず。楽しみです。


今回の話は、大手ゼネコン会社の御曹司に暴行を受けた女性からの復讐依頼でした。

暴行を受けた女性の主張が裁判でも立証されないところが、いわゆる御曹司の手回しによるありがちな話だと思いました。

しかし、真実の周年の操作で、防犯カメラから女性の主張が正しいことを証明するところは、見ていてとても痛快でした。

そして、詐欺師の黒岩はどう活躍するのかなと興味津々でしたが、黒岩が描いた念書は、時間が経つと消えてしまうインクで記載されていたのには、流石に一流詐欺師だなと感心しました。

そして、ドラマの中で語られた、真実の言葉の、「今まで言ったことがないんですけど、私は司法書士研修所を主席で卒業しているんですよ」が、とても印象に残りました。

(50代男性)


このドラマの最大の注目キャストは、やっぱり主演の真実を演じている浜辺美波さんです。

彼女は堂々とした演技をしますが、まだ、20歳という若さにはとても驚きました。

しかも、10歳以上年上の岡田将生と対等なセリフのやりとりをしているところには感動もしました。

彼女は、ルックスがとても可愛く、透明感もあり、清楚で素晴らしい女性だと思います。

一方、詐欺師の黒岩を演じる岡田将生さんはさすがにべてらんだなと思うような演技をしてくれます。

今回は詐欺師を演じていますが、その巧妙な手口を披露した時の、ほくそ笑む笑顔はとても素晴らしいです。

そして、20歳以上も年が離れた、浜辺さんと対等の演技をしているところも見ていて素晴らしいと思いました。

(50代男性)


主演の弁護士(浜辺美波)と詐欺師(岡田将生)の掛け合いがテンポよく面白くまたちょっと毒があって楽しめました。

弁護士役の美波さんは父親が巨額詐欺事件の黒幕とされて失踪後親戚の家で引き取られて育ち、でもずっと自分に正義を説いていた父親の無実を信じて育ち、父と同じ弁護士になりました。

そんな彼女が暴行事件の被害女性のため調査を続けて結果弁護士事務所を解雇され、弁護士資格も失ってしまいます。調査の途中で知り合った怪しげな詐欺師と何故か行動を共にするようになりますが、2人共綺麗な顔に似合わず汚い手段を使って真実を突き止めようとします。

卑怯な手段を使って罪を逃れようとするチャラ男に対し、経済的に困難な状況になり、愛する妻と娘に財産を残すために敢えて自分は泥をかぶって嫌われ役に徹しようとする会社経営者に、男気を感じてしまいました。

(50代女性)


幼い頃から厳格で正義感が強い弁護士の父(遠藤憲一)に育てられたが、その父親が巨額詐欺事件の指南役として警察に疑われて逃走。親戚に引き取られて育ちましたがそんな中でも正義感を失わず、弁護士になった女性を浜辺美波さんが魅力的に演じています。

内なる怒りのようなものを抱えたまま成長して、何かあると謎の忍者ポーズをとるところや詐欺師(岡田将生)と無意味なマウンティングをしあうところなども笑顔に逃げることなく真顔で演じることで普段の可愛らしさが二乗になっている、と言えばよいのでしょうか、とにかく可愛いです。

セリフの端々に仲間由紀恵さんの「トリック」を思い出させるところがありますが、浜辺さん独特のクールな愛らしさが満喫できます。

(50代女性)

第2話:10月16日(金)

元弁護士である真実(浜辺美波)の元にやってきた依頼人、この度は和紙職人という特殊なお仕事をする男性(竹原ピストル)でした。

彼はある田舎の村で暮らしているのですが、田舎ゆえの閉そく感からか村人は昔から信仰心に篤かったのです。

とはいえそれ以外は何不自由なく暮らしていたのですがここに女教祖(伊藤歩)が現れたことから徐々に村の暮らしは変化していきました。

小さな村ゆえに結束力は強く他を受け入れることがなかった村民も、彼女の不思議な力に驚き感嘆しあっという間に帰依してしまったのです。

更には「そんな怪しいものには従わない」と言った男の妻を村八分にしてしまいました。

反発するものを放っておくと更に増えて自身の地位が危うくなってしまうと考えたのでしょうか、女教祖もまた彼女を恨みなんと呪い殺してしまったのです。

大切な妻を失った男性は、教祖に復讐をと依頼してきます。

科学が発達した現代社会において呪いで人を殺してしまうなんて可能なのでしょうか。取り合えず真実(浜辺美波)と黒岩(岡田将生)は村に乗り込むこととしました。

女教祖との対決の行方はどうなるのだろうか…

そして、彼女はどのようなトリックを使って女性を殺したのだろうか…

怪しげな新興宗教団体?教祖に唆されて妻を失った和紙職人(竹原ピストル)さんが、如何にも朴訥な昔風の職人、という雰囲気を醸し出していると思いました。

また教祖役の伊藤歩さんが繰り出す炎と謎のダンスが怪しげな新興宗教っぽさを感じさせて面白かったです。

復讐を望む和紙職人の気持ちはとても切ないものでしたが、教祖のダンスや燃えると笑いが止まらなくなるガスを出す和紙の原料となる楮、など笑えるポイントも多くあり、独特の世界観があります。

しかし炎、出現の謎解きはきちんとした科学的根拠に基づいており、亡くなった和紙職人の妻が何故心理的に追い詰められていったのかなどについてのシリアスな解説もあって見どころが多くあるドラマだと思いました。

(50代女性)


伊藤歩さん演じる女性教祖が魅力的でした。

教祖のテーマ曲が西城秀樹さんの「炎」な所も我々世代にはツボですし、なによりあの美しい女性が手のひらに炎を燃やしながら怪しげな振り付けで踊る、というとんでもなく面白い状況にあるにも関わらず吹き出すこともなく演技に没頭している様子は流石に女優さんだなあと感じ入りました。

復讐のために現地に来た弁護士と詐欺師が宿泊する部屋で消したはずのろうそくが発火して火事になったり、村人が教祖に洗脳されて集団で車に放火する、など荒唐無稽な展開も多くありますが、教祖にも悲しい過去があってやむを得ず教祖になった経緯もあり、面白いだけではないところが良かったと思います。

伊藤さんの演技力と存在感あってこその教祖役だと感じました。

(50代女性)

第3話:10月23日(金)

正義感の強い元弁護士(浜辺美波)と怪しげな詐欺師(岡田将生)が今回もタッグを組んでいます。

そんな彼ら彼女らの元に今回もある事件が舞い込んできます。

2人にとっての戦いは、決して正義だけとは言い切れません。

なんらかのトラブルや被害を抱えた依頼人のために、悪人へと復讐をしていくわけですから。

今回の依頼人は職場でパワハラを受けて、父親をなくしてしまったという女性(娘)でした。

父親を失ってしまった娘の依頼内容は、ずばり「復讐してほしい」というものだったのです。

娘の父親は転職をし、そこでパワハラにあい自殺をしたというのです。

通常なら高額な報酬が発生するのですが…

しかし、依頼人は小学生でお金を持っているわけもありません。

依頼人の娘も「お金は少ししかないのですが」と言っています。

そして今回も元弁護士で正義感の強い女性、そして怪しげな詐欺師・二人がタッグを組んで悪人に復讐が始まります。

転職先でいきなりパワハラにあった父親。

そんな職場上司たちへの復讐のために、真実たちは決して人ごととは思えなかったのです。

真実の足はその先方の会社へと向いていたのです。

いい復讐代行業というのも難しいが、白沢真実は復讐代行業の黒岩賢介を頼りにしているのでしょう。

案外仲が良さそうだし、黒岩の方もあまり冷酷な仕事ぶりは見せない。

真実を労わっての事かというと、もしかしたらそうかも。

詐欺事件に巻き込まれたという事なのか、行方不明になって、警察に追われている父に捨てられ、苦労して弁護士になったものの、復讐代行業に巻き込まれ懲戒処分になった。

少し自分のせいで、少し真実も不注意な。

でも、その甘さを非難するようで、切り捨てようとはしない。

弁護士ができなくなったら、自分の事務所に住まわせている。

案外いい奴の黒岩。

真実もちょっと甘えて、「黒岩!黒岩ー!」と呼ぶ。

かなり羨ましい仲の良さ。

さまざまな事件の不幸に立ち向かうには具合のいい明るさ、期待しています。

(40代男性)


あまりにも忙しい浜辺美波。来年の1月のドラマ主演の話も発表されました。

浜辺美波みたいな顔の人がいっぱいいる。そんな錯覚まで引き起こしそうです。

だから、日本の若手女優といったら、浜辺美波。

そんな中、「タリオ」第3話では、小説家の新人賞グランプリの話が。

こういうプレッシャーに強そうな度胸を演技の中で見せている印象の浜辺。

そういえば、大学に行きたかったが、女優業が忙し過ぎるので断念したと言っていた人。

だから、これは自分の選んだ道として偉いなと思われるであろう活躍ぶり。

笑顔も生き生きして、若さを演技にぶつけている。

もっと、いろんな勉強もあるかも知れませんが、アイドルが授賞式で泣いちゃうのとは違う強さがありますね。

(40代男性)

第4話:10月30日(金)

パパ活被害の復讐を訴える若い女性を前に、白沢真実(浜辺美波)は、自分を捨てた父の事を思い出してしまう。

600万円の奨学金を返す為、最初のパパ活相手に恋愛感情を抱いたが、財布の入ったバッグを持ち逃げされたので復讐したいというOLの杉本涼子(25歳)。

そこで、潜入調査の前にパパ活でお金を盗まれた被害女性から情報を集めてみる。

 

現にそういう話は多いようだ。そして、真実はマッチングアプリに登録し、涼子が騙された同じ名前と接触。

その相手に写真を見せると、フリーライターの平山一良だという。

2年間ずっと援助してきて、突然お金を盗んだというのはどうもおかしいという雲行き。

平山の居場所を突き止めるのが目的だったのでは…?

 

涼子についても調べると、新人賞候補の小説家の卵だった。

平山の話では、大学時代に授かり婚でできた子が涼子で、小説家を目指す自分のイライラで別れて、それっきりだったという。

元妻のSNSに登場する涼子の写真を見て、人生の楽しみにしてきたのだという。

しかし、父の名乗りはできないと言っている。

目の前には新人賞グランプリの授賞式の涼子、会えない父への感謝の気持ちを述べている。

 

ただ、涼子によると、私の復讐は、「私と母を捨ててまでして、なれなかった小説家に私はなった」という事だと。

「かわいそうです。私が父と再会したら非常に喜んで怒る!」。

その父の手掛かりを求めて、会いたかった橘道三が殺害された。

4話については、これまでとは少し趣が異なり、新鮮な気持ちで視聴できました。

これまでは、真実と黒岩が代わりに恨みをはらすという話でしたが、今回は、依頼者自身が恨みを晴らすストーリーで、見ていて痛快でした。

ただ、その結果は複雑なものでした。

私がそう感じたのは、そもそもですがこの話の基本は、娘の父親に対する復讐だからです。

依頼者の母親と依頼者を捨ててまで夢を叶えようとした父親への復讐で、その方法は、依頼者である娘が、父親の夢を自分自身で叶えてしまうことで、父親に復讐するという内容だからです。

しかし、父親は、復讐されたという自覚が全くなく、むしろ、自分の娘が自分の夢を叶えててくれてよろこんでしまうという…

何だか見ていて微妙な復讐劇でしかないなと感じました。

復讐になっていない、むしろこれが狙いだったのかとか思いましたね。

最終的には、親子の絆のようなものが感じられてほっこりする話でした。

(50代男性)


このドラマの最大の注目キャストは、真実を演じる浜辺美波さんです。

彼女は透明感が半端ないです。

美しいとしか言いようがありません。

しかも、これまで、有名な映画に出演した経験もあり、安定した演技力を見せてくれています。

元弁護士と言う知的な雰囲気を上手に演じてくれていて、大したものだと感心されられます。

そして、詐欺師を演じる岡田将生さんも見逃せないキャストです。

彼のクールな雰囲気は、詐欺師に適役かともおもわれます。

そして、10歳も年が離れている、浜辺美波さんとどんな掛け合いを見せてくれるのかも、とても楽しみです。

そして、ベテラン俳優の遠藤憲一さんも登場してくれました。

彼の、人情味溢れる演技はとても魅力的です。

(50代男性)


コロナでまともに働くことが出来なくなったり辞めさせられたり、会社自体が経営が悪化して倒産に追い込まれてという中で借金が嵩んでしまいしょうがなく夜の商売・女を売るお仕事に就かざるを得なくなった女性というのも多いでしょう。

そういう人たちというのは元々は真面目な方、優しくされて恋愛感情を持ってしまうのも分かります。

パパ活を利用するのは大抵は、お金はあって若い女性とお付き合いしたいという人たちです。

だから、まともな男性だったのであれば両想いに・あるいは深い関係は望まないからときちんと断ってくれそうなところ、最悪な相手と出会ってしまいました。

お金が無くてパパ活をやらざるを得ない若い女性からおかねを奪うとは最低です。

(40代女性)


注目は白沢真実を演じる浜辺美波さんです。

元弁護士の真実は正に正義の塊、浜辺美波さんとの印象と重なります。

今回の依頼者は借金を返すために仕方なくパパ活をして、そして相手を好きになった挙句に騙されたという純粋で真面目な女性です。

きっといつになく燃えているはず、気持ちをもてあそんで裏切った男にどのような仕返しをするのか楽しみです。

でも、黒岩賢介の方はむしろ自身が女性を騙す側だけに、どっちかというと男の側に肩入れしそうなのです。

だって、あくまでお金を挟んだギブアンドテイクの関係であり、恋愛感情を抱くのはおかしい、お金を持っているのを見れば困っている側が奪おうがしょうがないという理屈です。

それに対して真実がどれだけ憤ることか目に見えるようです。

(40代女性)

第5話:11月6日(金)

会社経営者である古沢(伊武雅刀)が白沢真実(浜辺美波(・黒岩賢介(岡田将生)の元を訪れる。

彼は二人に「25年前に妻を殺した犯人に復讐してほしい」と依頼してきたのだった。

かつては強欲なばかりの経営者だった彼、一方で妻の奈津子はいつも心優しく皆から慕われる性格だった。

ところが、25年前に刺殺されることとなった彼女。

自身に恨みを持つ人間が困らせてやれと周りの人間を襲った犯行だったのだろうか。

となれば、悪いのは自分だという…

実は古沢という男、余命半年という宣告を受けていたのだった。

それで、改めて妻に謝りたい・きちんと犯人を見つけ出して天国に手柄話を伝えにいきたいと思っていたのだった。

すでに時効となった事件だけに警察はもう頼りにできない。

それに、そもそも時効までの間に犯人を見つけきれなかった警察は役不足であるとも感じていたのだった。

しかし、そんな事件を、それも25年も前のもの・真実たちはたった二人で捜査して犯人を見つけ出すことなどできるのだろうか。

さっそく二人は古沢の元で働いている織江(中山忍)と元同僚である美佐子(浅香唯)に話を聞くことにする。

25年前のあの日、妻は誰に殺されたのか・犯人はどのような意図をもって彼女に近づいたのだろうか…

今真実が明らかになる!

25年前に妻を殺され大金を盗んまれた大企業社長が、未だ捕まっていない犯人を自分が殺害し復讐したいので、探して欲しいと依頼に来ます。

25年経って今更?と正直思いました。

でも、見ていると、社長役の伊武雅刀さんが事務所を訪ねて来るなりドアにぶつかり鼻血を出し、ティッシュを鼻に詰めたままコーヒーを飲んでしまったり、事件関係者として登場した浅香唯さんに因んで「三代目スケバン刑事」を思わせるヨーヨーが出てくるなど、今回も随所にお笑い要素がちりばめられていました。

事件自体は殺害事件と現金強奪事件の犯人が別々だったことが解決を難しくしただけで、殺人事件自体は社長夫人の誤解を恐れた従業員が、誤って夫人を刺してしまっただけの単純なものでした。

1話完結なので複雑なものにはできないかとか思いながら見ました。

でも、事件後社長に長く使え互いに強い信頼関係で結ばれていた秘書が殺人犯で、彼女が社長に復讐を遂げさせるため自ら罪を告白するシーンは悲しく、やり切れなかったです。

今回の復讐は社長の葬儀後に秘書が自ら罪を告白して、時効が成立しているにもかかわらず社会的な制裁を受けることで間接的に社長の復讐は完成しました。

復讐代行業の2人は復讐は果たされたものの、自分たちが依頼を引き受けなけれ結末は違っていたのに言った所に、2人の人間としての成長を見たような気がしました。

(50代女性)


今回は、25年前に社長夫人を殺してしまった殺人犯役の中山忍さんの演技が素晴らしいと思いました。

社長夫妻に恩義を感じていたのに、間違って夫人を殺害してしまって捕まらないまま事件は時効になった。

夫人殺害後は会社を大きくするため社長の勧めもあって資格を取得して秘書として長く使え、きっとその間には社長に対して信頼というより愛情を抱くようにもなっていたでしょう。

自分が殺人犯である後ろめたさや恐ろしさを抱えながら、辛い日々を過ごしただろうと思います。

コメディータッチのドラマでありながら、中山さんのふとした表情にそんな感情が漏れ出ていたと感じました。

復讐代行業の2人から殺人について指摘された後黙っていれば良いのに社長に罪を告白したシーンには、社長への想いが溢れているように見えて、とても切なく感じました。

(50代女性)


強引な経営でのし上がってきた会社経営者の古沢順三郎、きっと敵も多かったことでしょう。

で、刺し殺されたのは彼の妻の奈津子って皮肉ですよね。

反対に心優しく皆から慕われていた彼女、でも犯人にとっては彼女は順三郎の唯一の弱点だと思われたのか・夫の暴挙を知ってか知らずか止めようとしなかったから同罪だと思われたのでしょうか。

いずれにせよ、自身の経営のやり方が妻を亡き者にされた原因かもしれないと考えたら、彼は後悔でいっぱいだったはずです。

自身も余命半年の宣告をされて死を身近に感じた時に、唯一の心残りが妻の死というのは悲しい人生です。

でも、つまりは、復讐代行を行うまでの期間が半年しか残されていないということ、しかも、25年も昔の話ですからかなり困難な依頼です。

(40代女性)


あの大御所俳優の伊武雅刀に注目です。

まだまだ若い浜辺美波ちゃんと岡田将生くん、さぞやよい勉強になったことでしょう。

きっと本来はオーラがすごいのでしょうが本日はただのしょぼくれた老人、何しろ強欲に経営を続けてきたがゆえに妻が殺されてしまいましたが、それで改めて自身が支えられていたことを感じ愕然としたことでしょう。

どちらかというと、男性側の方が配偶者が亡くなると一気に気持ちが落ち込んでしまう傾向にあると言われます。

特に、このような事情もあり、古沢のショックは大きかったはずです。

そして25年、独り身でこのまま半年後には死んでしまうと分かっている・そんな老人の最後のお願いです。ぜひとも解決して天国で妻に報告してもらいたいです。

(40代女性)

第6話:11月13日(金)

復讐代行業の元弁護士・白沢真実(浜辺美波)と詐欺師の黒岩賢介(岡田将生)に、別々の依頼人が訪れる。

元弁護士で真面目過ぎる性格の白沢の依頼者・赤川(荒川良々)は、妻が殺害されたにもかかわらず、警察が熱心に捜査をしてくれないと訴え、犯人を見つけ出すよう依頼をしてきた。

黒岩と常日頃敵対して自分の有能さを証明したい白沢は、熱心に赤川の事件について捜査を始めた。

一方の黒岩には一年前に母親を殺害された青井(丸山智己)という依頼人が来て、犯人を見つけて欲しいと依頼する。

黒岩も何かというと弁護士としての能力が高いことを自慢しながら、自分の事務所に寄生し食費まで出させようとする白沢に対して腹を立てており、一矢報いようと懸命に調査を行った。

しかも、青井は巨額の報酬を提示、常に事務所経営が火の車で詐欺で儲けようとしている黒岩は、報酬を得るためにも躍起になっていた。

それぞれが依頼人に応えようと動いていた白沢と黒岩だったが、互いの事件について経過報告をしあううちに、2つの事件に共通点があると考え始める。

また、巨額詐欺事件の黒幕とされ逃亡中の父親について、以前父親の知人だった弁護士から連絡があり、白沢は面会の約束を取り付けたのだが…

別々に依頼人がやってきてそれぞれに捜査を行う二人、でも結局は互いに報告しあう姿がいいです。

真面目な元弁護士と怪しげな詐欺師、対極にいる二人ですがすっかりチームとなっているのです。

ただ、相変わらず黒岩はぶれず・巨額の報酬があるからこそその仕事を引き受けているということのようです。

そうして捜査中の二つの事件、危険が迫っているという時点ではなかなか重い腰を上げてくれない警察も、実際に殺されているのであればすぐにも捜査は行われるはずですよね。

そこに期待をしたのに、妻を殺されて十分に捜査をしてくれないとはいったいどのような状況なのでしょう。

これって現実でもあるのでしょうか。

母親が殺されていてようやく今になって犯人捜しを依頼してくる青井の行動も謎、この2つがどう繋がっていくかが見ものです。

(40代女性)


主人公の白沢真実・黒岩賢介を演じる浜辺美波ちゃん・岡田将生くんに注目です。

奥さんを殺されたのに捜査をしてもらえないと嘆く赤川、そういった出来事に弱い真実はさっそくにも引き受けたことでしょう。

そして、「1年前に母親が殺された事件の犯人を捜してほしい」と依頼してくる青井、巨額の報酬を提示したからこそさっそく動くことにした黒岩とそれぞれに依頼者がやってくるというこの回ですが、対比が面白いのです。

でも、やるからにはどちらもちゃんと、そして別々で動きながらもパートナーのことは気に掛けていてというのも一緒です。

互いに報告しあったからこそ浮かび上がってきた共通点、そこからあっという間に解決に向かうものと信じています。

いよいよクライマックスなので、手に汗握りながら見ていました。

(40代女性)


導入から緊迫感があり、引き込まれました。

白沢と黒岩が個別に事件を調べるのは初めてで、調査に慣れない白沢が、依頼人の赤川の勢いにのまれて事件現場を調べていて、まんまとミスリードされてしまう様子はあまりに杜撰で、ここに黒岩が居ればすぐに異常に気が付くのにと思ってしまう程でした。

いつもは、依頼人や黒岩に対して高飛車でもこういう所が抜けていて、白沢の可愛らしい所なんですけどね。

対する黒岩は、流石の詐欺師ぶりを発揮して、怪しげな依頼人に動揺しつつも的確な調査をしていました。

赤川の中学時代の担任が青井であり、そこに端を発した復讐殺人だった言う展開には正直驚きましたが、残酷な最期を目にした白沢と黒岩がハムラビ法典と絡めて復讐について話し合う所は、人間の愚かさと智恵とどうしようもない情について考えさせられる、珍しく重い展開でした。

(50代女性)


今回は、白沢の依頼人だった赤川役の荒川良々さんです。

白沢を妻殺害の事件現場である自宅へと連れて行き、バレバレなわざとらしい芝居ながらも、指輪を落として事件の鍵になる水仙のブローチを見つけさせるところや、殺された奥さんが自分にとって如何に大切だったかを切々と訴えるシーンは、荒川さんでなくてはできないお芝居だったと思います。

ドラマでは、ほんわかした役を演じることが多かったせいか、学生時代からの暗い恨みを持ち続けている暗い表情の落差が大きくて驚きました。

最後に罪を犯して警察に連行されるシーンで浮かべた、復讐を達成した後の暗く満足げな笑顔も、しばらく頭から離れそうにありません。

この顔を見てしまったら、白沢でなくとも残された被害者家族が成長してどうなってしまうのかが不安になってしまいます。

(50代女性)

第7話:11月20日(金)

復讐代行業を営む元弁護士の白沢真実(浜辺美波)と詐欺師の黒岩賢介(岡田将生)。

白沢の父親は、10年前に起きた巨額詐欺事件の首謀者と実行犯に名指しされた後、行方不明のままになっている。

父親を正義感が強い立派な弁護士だと信じる白沢は。

白沢自身も父の影響で正義感が強すぎる弁護士になり、そのせいで資格をはく奪されていた。

復讐代行業を手伝う白沢は、不公平な世の中に不満を持つ人たちの役に立ちたいと思っていたが、これまでは自分が介入することが却って依頼人を傷つけることもあり、代行業自体に疑問を持ち始めている。

その白沢はかつて父(遠藤憲一)の同僚だった弁護士・鮫島(いとうせいこう)を訪ね、意外な情報を入手した。

白沢は、自分の父親が黒幕だとは信じられないでおり、自分でも事件についてい調べようとしていた。

事件直後に逮捕された詐欺グループの代表は、出所後白沢に会って父親について話をしようとしていた直前に殺害されており、警察は父親を疑っているようだ。

白沢は、黒岩に協力を依頼して、父親の濡れ衣を晴らそうと調査を始める。

一体父親は濡れ衣を着せられたのか、それとも悪の首謀者だったのか。

復讐代行業に疑問を持ち始めた白沢と、詐欺師ならではの処世術と匠な話術で世渡りする黒沢が、代行業シリーズ最大の事件の謎に挑戦する。

現在準備中です。

「 タリオ 復讐代行の2人」のキャスト・出演者

  • 白沢真実:浜辺美波
  • 黒岩賢介:岡田将生
  • 財津宏樹:三浦涼介
  • 綿貫依里子:白石糸

「 タリオ 復讐代行の2人」の作品情報・主題歌

番組タイトル タリオ 復讐代行の2人
放送局 NHK系列
放送日時 2020年10月9日~
毎週金曜日
22:00~
原作 オリジナルストーリー
蒔田光治 瀧本智行 渡辺雄介 徳永富彦
主題歌 流線形/一十三十一「悲しいくらいダイヤモンド」
公式サイト 番組公式サイト

2週間無料お試し実施中/
今すぐ無料トライアル
タリオ 復讐代行の2人
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。