【公式無料動画】ドラマ「ルパンの娘2」を1話から全話見逃し視聴する方法!深田恭子/瀬戸康史/橋本環奈の三角関係?

ルパンの娘2動画

ドラマ「ルパンの娘2」の動画を公式見逃し配信でフル無料視聴する方法を紹介します。

『ルパンの娘2の動画を見逃した…』
『ルパンの娘2の再放送はある?』
『1話~最終回まで全話まとめて視聴したい!』
『広告なしで無料で見ることはできる?』

ルパンの娘2の動画を楽しみたい方に一番お得な動画配信サービスを紹介します!

ルパンの娘2を今すぐお得に見るなら『FODプレミアム』

ルパンの娘2はFODプレミアムでの視聴が一番お得でした。

  • 今なら2週間の無料トライアルを実施中
  • 無料トライアル中の解約で利用料はタダ
  • 公式サイトの見逃し配信だから安全に視聴できる

『公式の見逃しサイト』で無料トライアルを利用してお得にドラマの動画を楽しむ方法や他のサービスでの配信状況を本記事では詳しく紹介していきます。

あらすじやネタバレ、視聴した感想も併せてお届けするのでドラマを視聴する参考にしてくださいね。

2週間無料お試し実施中/

今すぐ無料トライアル
ルパンの娘2
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

ルパンの娘2の動画を公式見逃し配信で無料視聴する方法

ルパンの娘2の動画を無料で視聴できるのはFODプレミアム!

ルパンの娘2はFODプレミアムで配信中です!

FODはフジテレビが見逃し視聴を勧めている公式の動画配信サービスです。

人気の月9以外にもアニメや映画と充実したラインナップでドラマやアニメが好きな方に人気のサービスです。

FODプレミアムの特徴(月額料金・無料期間など)

項目 特徴
月額料金 888円(税別)
無料トライアル期間 2週間
配信作品数 40000
視聴可能作品 フジテレビ系列のドラマ
バラエティー
映画など

今なら無料トライアル実施中!

FODプレミアムは現在2週間の無料トライアルを行っているので無料トライアル中に解約すればタダでドラマを見ることが可能です。

ルパンの娘2の見逃し動画配信サービス一覧

ルパンの娘2を見逃し配信しているサービスを調べました。

FODプレミアム 〇(全話独占配信中)
Tver △(放送後1週間のみ)
TSUTAYA-TV ×
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×

現在「ルパンの娘2」を全話配信しているのはFODプレミアムだけでした!

Tverは放送後1週間のみ視聴可能なためいつでも好きなときに視聴することはできません。

全話をあなたの好きなタイミングで見るにはFODプレミアムがおススメです。

2週間無料お試し実施中/

今すぐ無料トライアル
ルパンの娘2
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

しかも唯一ドラマの動画を楽しめるFODプレミアムにはお得すぎるメリットが5つもありました。

【FODプレミアムはココがおススメ!】

  1. 無料トライアルを2週間を実施中!期間中の解約で利用料タダ
  2. 無料期間中も最大900ポイントもらえて有料作品もタダで見れちゃう
  3. フジテレビ系列のドラマを独占配信!月9が見れるのはFODだけ
  4. FODオリジナルドラマに人気俳優が多数出演
  5. 雑誌が120冊以上読み放題!

ドラマはもちろん最新の雑誌も読み放題と圧巻のコンテンツ量です♪

違法サイト視聴は注意

ルパンの娘2のフル動画配信は違法サイトにありませんでした。

違法サイトは現在視聴するだけでも処罰の対象です。

ウイルス感染など取り返しのつかない被害に合った方もいるので視聴は自己責任でお願いします。

注)詳しい危険性や違法性については下記公的機関のサイトを参考にしてください。

政府広報オンライン

日本民間放送連盟

FODプレミアムの無料登録と解約方法を解説

  • STEP.1
    FODプレミアムにアクセス

    FODプレミアム公式サイトにアクセスします。

  • STEP.2
    無料登録の開始

    FOD登録

    『今すぐはじめる』をタップし無料登録に進みます。

  • STEP.3
    アカウント情報の登録

    メールアドレスなどアカウント情報を設定します。

    FOD登録

    利用規約など確認事項に問題なければ『同意する』にチェックをいれ『アカウントを作成する>』をタップします。

  • STEP.4
    支払い方法の選択

    FOD登録1

    支払い方法を選択します。

    • クレジットカード決済
    • AmazonPay

    初回2週間無料トライアルが適用になるのはクレジットカード決済とAmazonPayです。

  • STEP.5
    登録の確定

    FOD登録

    無料期間の確認をしたらクレジットカード情報を入れ『購入内容を確定する>』をタップすれば登録完了です。

  • STEP.1
    公式サイトにログイン

    公式サイトの右上にある『三マーク』をタップします。

    FOD解約

    マイメニューが表示されるので『登録コースの確認・解約』をタップします。

  • STEP.2
    解約するをタップ

    FOD解約

    『解約する』をタップします。

    本当に解約していいか確認が表示されるので再度『解約する』をタップします。

  • STEP.3
    解約の確認

    FOD解約

    画像のように解約完了が表示されたら解約完了です。

ルパンの娘2のあらすじ・感想(ネタバレあり)

ルパンの娘2のあらすじと感想を紹介します。

1話:10月15日(木)

Lの一族は、指名手配されていて追われる身となっていたが巨大てんとう虫型の機体に乗って逃亡中、故障して墜落をして世間には死んだことになっていた。しかし、ほんとは途中でパラシュートで脱出を図り、Lの一族の娘華の恋人、和馬の家に居候をしているのでした。和馬の家は代々警察官一家で、もちろん和馬の両親も警察官なので、毎日毎日、華の父親が近所の悪い奴から盗みを働いて、和馬の家にどんどん盗品が溜まっていくのを見て、和馬の両親は寝込んでしまう始末だった。

しばらくして、居候するのも飽きたのか、新しい住処を用意して、華と和馬にも素敵なマンションを華の父親が準備したのだが、それはLの一族の住処と繋がった事実上二世帯住宅だった。さらに朝食はLの一族みんなでとるという決まりもあって、警察官の和馬はきを使わなければいけないこともしばしば起こっていた。秘宝を盗む計画を立てていたが、Lの一族よりも先に新たな敵に先を越されてしまう。殺人事件も絡んで、それを解決するためにLの一族は動き出す。華は和馬と2度と泥棒をしないと約束をしていたが、和馬を助けに行く。華は、和馬との子供を孕っていることを知るが、和馬との別れを決意する。名探偵の孫美雲も、Lの一族を追うことになる。

毎日毎日盗みを働くLの一族と少しの間でも、同居していた警察官一家の和馬の両親が不憫で可哀想になりました。華の父親は、悪い奴らからしか盗んではいないとはいえ盗んだものであるから、それを自分の家にたくさん積みあげられたら寝込む気持ちもよくわかります。華と和馬のひとときの幸せな新婚生活を見れて幸せに包まれました。このまま長く続かないんだろうなと予想はできましたが束の間の幸せでした。

今回の新たな敵は、今までの敵と違ってかなり狂気的な犯人でちょっと恐ろしかったです。華のアクロバティックな攻撃も前作よりもハードになっていて見応えありました。お腹に赤ちゃんができたのはすごく嬉しいことだけど、一人で育てていく華が可哀想です。


第2シリーズも期待を裏切らない作りで楽しめました。華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)がメデタシ、メデタシよりも泥棒と刑事で愛が実らない方が俄然面白く感じてしまいます。ロミオとジュリエットじゃないけれど、和馬の将来のことを思って和馬の両親が華に別れてほしい、といったシーンは切なかったです。華も相手の幸せを願って別れられるくらい和馬のことを本当に愛しているのがわかるのでコメディの要素があるのに純愛もテーマになっていて昔からあるテーマなのに不思議と新鮮に感じられます。
華に赤ちゃんが!第1シリーズも一家離散となった際、ネットカフェでなけなしのお金をスられて一週間街を飲まず食わずで彷徨っていたので試練が1回目で来ちゃったか、、という感じでした。その時にお世話になった薄井佐知(遠野なぎこ)が助産師となってまた華を助ける展開も驚きです。三雲(橋本環奈)の火事で祖父が亡くなり自分も貧乏暮らしになってLの一族を追う執念も凄いですが、負けじと今回の秘宝に執念をもつLの一族も面白く、楽しんで作品が観られそうです。


華が和馬との子供を授かったけれど、これからどのようにして子育てをしながら生きて行くのか、とても気になります。華と和馬はお互いに愛しあっているのに、警察官と泥棒という関係では、やはり華のほうが身を引くしかないのではないかと思いました。和馬は華の全てを受け入れていて愛しているけれど、本人は警察官をやめても華と一緒に暮らしたいだろうと思います。

でも、それは和馬の両親が許さないと思います。ほんとにロミオとジュリエットのような展開で、可哀想過ぎて何とかして一番いい方法がないものか、見ていてとても切ないです。華は、家族の支えがあるので何とか子供を育てていくことはできると思いますが、和馬が子供がいることを知らずにいるのも切ないです。どんな風に子供と会うようになるのか気になります。


北条 三雲(橋本環奈) 卓越した推理力で武闘派のLの一族とどう対決していくのかが見ものです。「じっちゃんの名にかけて」の金田一少年のように、高名な祖父を尊敬して恨みを晴らしたいというシーンは演技が上手で迫力がありました。あの名台詞は出ないのだろうかと思っていたら「おじいさまの名にかけて」と予告で言っていたので そのシーンも楽しみです。三雲が華を追い込んでいく姿は橋本環奈さんの普段のキャラと違ってギャップも感じられそうなので新鮮です。華も華で負けそうではないけれど、推理で心理的に追い込んでいきそうだし、完全無欠のLの一族が今回のシリーズで相当手痛いことになるのではと予想しています。三雲の中学生から高校生になる変化も楽しみです。


小沢真珠さん演じる、華の母親の三雲悦子がとにかくお宝を盗みに行きたくて、ウズウズしてストレスを抱えてあたり散らす姿が、振り切っていてとてもいいと思います。いつもパーティーに出かけるようなドレスを着て、尊が盗んできた高級品に目を輝かせて嬉しさに酔いしれているところが、最高にいい味を出していると思います。いきなり甘えた声で尊にしなだれかかっていって、まわりの目を全く気にしていないのがすごいと思います。年齢不詳の美しさを保っているのもすごいです。

妻や嫁として何もやっていない感じだけれど、華のことと渉のことをきちんと気にかけていて、優しい言葉をかけるところが素敵だと思います。思ったことをすぐ口にして、変に気を遣わないのを貫き通しているのがいいと思います。


注目キャストは、やはりLの一族を演じている深田恭子さんの普段はおっとりした生活なのに、泥棒スーツを着るとキリッとかっこいい存在になることです。口調や声色までクールになります。さらに、華の母親役の小沢真珠さんの迫真の演技です。ふざけているようだが真剣に演じているおとぼけぶりが、セクシーで面白いです。今回華の父親と喧嘩をするシーンは名台詞が出て面白かったです。

さらに、第一話だけの登場だと思いますが、吉田沙織さんもLの一族の華役としてテレビの映像出演をしていて驚きました。これから重要な人物となるのが名探偵の孫の役を演じる橋本環奈さんです。中学生の幼い演技も実物でしたが、これからLの一族を1番苦しめる存在になって関わってきます。


このドラマでの際際の注目キャストは、ヒロインの三雲華を演じる深田恭子さんです。

彼女は、昔から、スパイ役などを演じることが多くて、この役もハアり役だと思いました。

彼女が持ち合わせる美貌と、知的な感じがするところはこの役にぴったりです。

とても、アラフォーには見えない若々しさを見せてくれたのも魅力に思いました。

また、ホームズ役の北条家の娘を演じた橋本環奈さんも第注目です。

何にせよ、今話題の若手女優さんですし、ルックスがとても可愛いです。

彼女はドラマなどへの出演経験も豊富なため、安定した演技を見せてくれるところも魅力です。

また、変わりどころ絵は、三雲渉を演じた栗原類さんもとても魅力的な演技をしてくれました。

彼の持つオタクさを通りこいて不気味なキャラクターが見事に演じられていたと思います。

(50代男性)


ルパンの娘第1シリーズが好きで、2作目がとても楽しみでした。

円城寺さんが結婚してないのが残念だったけど、華が好きだからこそで、華を見守る存在だからかなと思うと、納得でした。

1シリーズの最終回でてんとう虫のマシーンに乗り、Lの一族が死滅したと報道されたところで終わりましたが、そこから2シリーズが始まったという設定が良かったです。

一般的な続編では、前置きなくストーリーが始まることが多い為、初めて見る場合は戸惑ってしまうからです。

華が相変わらず泥棒することで、恋人の和馬を苦しめてしまう、という悩みは変わりなかったけれど、今回はそこに結婚が加わり、彼らにとってはとても苦しいことなんだなというのが、伝わってきました。

(30代女性)


華の母親の悦子を演じる小沢真珠さんに、注目します。

いつもお宝を盗むことや、泥棒をすることを生きがいにしていて、謎の美貌を保って自由に生きているところが、面白いからです。

1話では「妊活」と華に言い、孫が出来るのを楽しみにしていましたが、悦子の性格を考えると、絶対裏では「おばあちゃんになりたくない。」と思っているだろうなと思います。

なので、華の赤ちゃんが生まれた時、どういう気持ちになるのだろうと気になりました。

1シリーズで初対面の和馬に「悦ちゃんって呼んで!」と言って周囲を楽しませようとしたことがあったので、面白いおばあちゃんになると思うし、悦子はいつまでも若さを追求するおばあちゃんでいて欲しいなと思っています。

(30代女性)

2話:10月22日(木)

和馬との子を授かった華は、和馬とはもう会わないことに決めました。

幼い頃からの夢だった警察官を辞めてほしくないことと、Lの一族と婚約していたということで和馬が今もなお、警察に見張られていたからでした。

華が自分と何故会ってくれないのか理解できずにいる和馬ですが、毎日のように手紙を持って華の家に通い続けました。

一方、京都の家を放火された挙句、祖父をも失った北条三雲は、執事と共にLの一族がいる東京へやってきました。

貧乏になってしまった三雲は、かつて華と和馬が住んでいた古いアパートに住むことになりました。

家を放火した犯人はLの一族に違いないと思った三雲は、その屈辱を晴らすため、自身の推理力を転校先の高校で試そうとするのでした。

そんな中、華の影響でマッチングアプリで婚活を始めた渉は、ジャンヌダルクが使用していたとされるマントが今回のターゲットだと言います。

さらには、そのマントをオークションにかけた男と近辺で発生している女子学生失踪事件が関わっているとされました。

シングルマザーになると決めた華は、ある日パパママ学級に参加する為、区民間へ出向きます。

そこには、かつて華がお世話になった店のママが。

ママは店の経営が困難になり、生活のために助産師をしているのだと語ってくれました。

華は和馬にこれ以上迷惑をかけられないといって、子供を一人で産んで育てることを決心していました。

一馬には子供が出来たことを知らせていませんでしたが、それでも華の出産に立ち会うことができました。

あまりにも過酷な境遇ですが、何とか二人で乗り越えてほしいです。

華は和馬のことを思って、離れようとしますが、和馬の方は絶対に離れたくないと思っています。

子はかすがいではないですが、今回は赤ちゃんが和馬を呼び寄せたように思いました。

華が出産した場所は馬小屋のような場所で、ある意味、彼女に相応しい場所だったのかもしれません。

元場末のスナックのママが助産師の資格を持っていて本当に助かりました。

華は人徳があるように見えるので、これからも大変かもしれませんが、何とか乗り越えていけるでしょう。

(50代女性)


注目していきたいキャストはこのシリーズで新たに登場した北条美雲です。

Lの一族は三雲で漢字は違いますが、おなじ「みくも」なので、何か関係があるのではないかと思っています。

彼女と執事は安アパートで貧乏暮らしを強いられています。

しかし、彼女には目的があるので、この生活も何とか耐えきれているようです。

Lの一族のことを探っているのは美雲だけではないようです。

おそらく警察もまだLの一族を追っているような気がします。

ここまで追われていても、華以外は特に気にしてはいない様子です。

華の兄の尊が美雲に一目惚れをしてしまったようですが、この恋がどうなるかも注目したいです。

兄の言動が、美雲がLの一族に近づくきっかけになってしまうのではないかと危惧しています。

(50代女性)


シェークスピアの「ロミオとジュリエット」にさかのぼり、様々なカップルがお家ゆえの障害に阻まれて苦しい恋をしてきました。

でも、これほどの障害は無し、泥棒と刑事が結ばれることなど不可能なのに、今後どういう展開に持っていくのか脚本に興味を持ちました。

すでにお互いが愛しあいお腹に子供も宿しているのですから、苦しくとも二人で乗り越えてくれるといいのですが。

まさか華が逃げてしまうとは、和馬はすべて受け入れて頑張っていこうとしていただけに、肩透かしを受けたことでしょう。

せっかくハッピーエンドとなった二人、ぜひ人類初の素敵なカップルとなってほしいものです。

子供がどちらの道を選ぶかは自由、とはいえ出来れば警察側になってほしいですがそれだと母親や祖父母を逮捕するような場面が訪れたら大変です。

関係ない職業を選んでくれれば丸く収まるのです。

(40代女性)


泥棒一家の娘として生まれたがゆえに不幸な日々を送る華役の深田恭子ちゃんに注目です。

家族みんなが泥棒なのによくぞまあ真面目に育ったもの、正に反面教師です。

そして、恋したのは警察一家の青年です。

これからどうなっていくのか注目です。

それにしてもいつまでも若く可愛らしい彼女が妊娠10か月の大きなお腹に、役とは言えショックを受けるファン続出という気がします。

ただ可愛らしいママさんになりそう、こんなお母さんがいるなら父親がいなくとも愛情をたっぷりと受けてすくすくと育ってくれそうです。

哺乳瓶とかミルクとかも盗んできたものを使って大きくなるのでしょうか。

泥棒一家の英才教育を受けた子供、どうなるのかそちらも面白そうです。

(40代女性)

3話:10月29日(木)

三雲華は無事に桜庭和馬の子供を出産しましたが、和馬は表向きでは独身なので、土日だけ華たちと暮らすことが条件付です。

2人の子供は三雲杏と名付けられました。

小学生になった杏でしたが、華は彼女が三雲家が泥棒稼業だということを知るのではないかと恐れていました。

ある日、杏は興味本位でLの一族を真似たドラマを観ていました。

これは今流行っている人気のドラマです。

慌てた華はすぐにテレビを消し、観ないように杏に伝えました。

しかし、納得に行かない杏はその場で泣き出してしまいました。

 

一方、和馬はLの一族の助けもあって、無事に警部に昇進することが出来ました。

そこへ、キャリア警察官の新人刑事が配属になりました。

彼女は北条美雲で真の目的はLの一族の正体を突き止めることでした。

そのため警察庁ではなく、和馬のいる所轄署を希望しました。

美雲は和馬と一緒に詐欺師を見張るために同行し、この時も和馬の様子を探ります。

美雲は和馬に独身であることが疑われるような質問をいくつか受けるのですが、和馬はその場を上手く誤魔化し、何とか仕事を遂行しようとしていました。

 

そんな時、愛娘の杏の写真が詐欺師に悪用されてしまいました。

そこで、美雲は和馬と一緒に小学校へ行こうとします。

しかし、Lの一族の采配により、美雲たちが杏に会う前に、犯人を逮捕することができました。

第2話で華が娘の杏を出産しますが、第3話ではそこから8年が経過して、杏は小学生になっていました。

かなり展開が早いですね。

その際に、ミュージカルシーンが描かれていて魅力的な演出だと思いました。

ただ、8年経っても、杏が成長しただけで、他の人物は歳をとっていないところは、ちょっと不自然だなと思いました。

このドラマは、あまりリアリティーに拘っていないことがわかりました。

杏がとても良い子に育っているところがよかったです。しかし、泥棒一家として育ってきた華が、我が子の杏には泥棒にさせないため、泥棒一家のことを必死に隠す様子が見ていて切ない気持ちになりました。

それにしても、探偵一家の娘を演じる橋本環奈さんはとても可愛いです。

彼女が思っていたよりも出演頻度が高く活躍してくれるのでとてもうれしいです。

(50代男性)


ヒロインの華を演じる深田恭子さんの美しさにはいつも感心させられます。

そして、泥棒と母親の二つの顔を持つ女性を見事に演じていて彼女の演技力の高さには脱帽です。

彼女が着ているファッションもいつも美しくて個性的で見逃せません。

華の夫の和馬を演じる瀬戸康史さんも魅力的な男性だと思います。

真面目そうなルックスがこの役にとても合っています。

そして、警察官でありながら泥棒一家の娘と結婚して生活していると言う複雑な設定が、ドラマを面白くしてくれています。

また、引きこもりハッカーの渉を演じている栗原類さんはルックスも演技もとても異色な感じがして見応えがあります。

北条美雲を演じる橋本環奈さんはとにかく可愛いです。

演技も上手になり、安心して見られるようになりました。

(50代男性)


無事出産、でも和馬が来ることが出来るのは土日だけであとは独身者として装わなければならないとはつらいものです。

そうして育った杏、父親のことはどのようなポジションで捉えているのでしょうか。

まるでナンバー2の愛人の立ち位置、下手すれば浮気をされても不思議ではありません。

というか、対外的には独身者なのですからどれだけの女性が言い寄ってこようが交わすのは難しかったりするのです。

泥棒と警察、初めからつらいものと分かっていましたが思った以上でした。

それでも、泥棒家業を辞めようとしない華の両親たち、彼らは娘の苦労や悲しみをどの程度まで思っているのでしょう。

化石宝石とかもらっても孫としても嬉しくはないのに、泥棒にも育児休暇とは発想が違っています。

(40代女性)


ついに生まれた三雲華と桜庭和馬の娘、杏に注目です。

何しろ泥棒一家と警察一家の仲を取り持つ架け橋、ただ本人は自分の家の正体は気づいていません。

ただまだ幼いころはまだしも、特に仕事をしている様子もないのに何でも手に入ってという境遇を不思議に思うところはあるはずです。

その前に華は足を洗うつもり、更には彼女の両親らもこれを機会に辞めてしまえば良いのですがそうはいかないのでしょうか。

可愛い孫から言われても無理なのか、自然に盗んでしまう・病気のように中毒症状となっていると見てよいのでしょうか。

華の娘ですからサラブレッドかも、実は杏も泥棒の才能を持っていそうで楽しみなような心配なようなです。

いつばれるのか、その時の彼女の反応も知りたいです。

(40代女性)

4話:11月5日(木)

主人公の三雲華(深田恭子)は、彼女の娘の杏(小畑乃々)に自分の一家が泥棒一家であることをひた隠しにしています。

しかし、バレてしまうのではないかと不安な毎日を送っています。

華は泥棒をやめるつもりで杏も良い子に育っていますが、華の父親の尊(渡部篤郎)の泥棒業に対する熱意はヒートアップしていました。

探偵一家の娘の北条美雲(橋本環奈)は、泥棒一家の「Lの一族」と桜庭和馬(瀬戸康史)の関係を調べるために桜庭家タブル訪問しますが、美佐子(マルシア)と典和(信太昌之)も巻き込んで大騒ぎとなります。

三雲は和馬とLの一族の関係を見つけるのに苦労しています。

そんな、三雲は自分が和馬に恋心を抱いている自分に気づきます。

一方、尊はある美術品を盗もうと考え始めます。

その美術品は悪徳歯科医のところにありました。

そんな矢先、その美術品は他の人物により奪われてしまいます。

警察はその窃盗事件を調査しています。

美雲は手口が同じ窃盗が続いていることに着目し、容疑者として蒲谷隆太(松尾諭)を挙げます。

後日、華は悪極歯科医で発生した窃盗事件を知り、尊の犯行ではないかと推測し元気がなくなります。

渉(栗原類)は、そんな華の姿を見て自分が原因では?と考え、Lの一族を継ぐことを決意します。

そして、婚活を始めます。

ある日、華はママ友とお茶をしていると、そこに、尊たちがやってきて、ママ友を相手に作り話をして場を盛り上げます。

そんな様子を見た華は不安な気持ちになります。

それは、尊がママ友へ接触した目的は新たな泥棒計画のためではないかと思ったからです。

華が尊を問い詰めると、そうではないと言います。

ちょうどその頃、婚活中の渉が新たな事件に巻き込まれるのです。

長年三雲華(深田恭子)が悩んできたことが解決します。

これは本当によかったなと一息つけた瞬間でした。

それがどんな、悩みかというと華が一族を継ぐことを求められることです。

一族の問題なので彼女にしてみれば、当たり前の事を辞めるという大変な決断だったと思います。

しかし、兄の渉(栗原類)が一族を継ぐことを公言します。

よくよく考えてみると、どうしていままで華が継ぐ話になっていたのかが不明だなとも思いました。

最初から長男が継ぐことになっていれば、華も余計なことで悩まなくていいのに。

兄の渉は、嫁探しで家を出るのですが、出合った相手が女泥棒、しかも、桜庭和馬(瀬戸康史)と北条美雲(橋本環奈)も、Lの一族の尊(渡部篤郎)も追っている女性だったという悪縁というものすごいドラマの設定ですよね。

その後なんだかんだと、いつものパターンに近い感じが続きました。

渉は捕まりますが、結局は華や和馬に助けられるという。

そんな中、想定外だったのが、黒幕が和馬の警察の先輩だったということでした。

どうりで、捜査も上手くいかなかったわけです。

よっぽど、和馬に出世を追い越されたのが悔しかったのか、自分も泥棒とつるんで何かしたかったのか、よくわかりませんが、仕事に対して魔が差したのでしょう。

和馬が捕まえることになりますが。

そこは、なんか複雑な気持ちになりました。

しかも、和馬を可愛がってくれてた先輩であるだけに。

事件が解決しても見ているこっちもスッキリしません。

和馬はどんな思いで、先輩を逮捕したのでしょう。

(30代男性)


注目キャストは、三雲華(深田恭子)と桜庭和馬(瀬戸康史)、北条美雲(橋本環奈)です。

この三人が、このドラマの中心的存在に思えます。

華と和馬の愛は、三雲家も桜庭家も認めてます。

ただ、名探偵一家の血をひく、北条美久(橋本環奈)とLの一族との深い因縁が気になります。

実際に、華の祖父は美雲の祖父に勝ち、家にも火を放ち、事前にLの一族に関する資料を手渡されていたりと。

東京に上京し、和馬に近づいたのもLの一族を追うため。その執念は凄まじいほど。

しかも、美雲も年頃の女。高校生の時に助けてもらった刑事の和馬のことが頭から離れません。

美雲も恋をしていることから、この三人はこのドラマにとって、ストーリー上魅力を感じます。

どうなるんだろうと予測ができないところも魅力です。

(30代男性)


華と和馬の娘が生まれて、6年も時間経過しています。

そのくらい時間がたつと、後半のストーリーに向けて大きく物語を進めておくためのキーとなる回であったと思います。

数馬ではなくて、渉の婚活を利用したのはベストな考えと思います。

たぶん、作者たちもそこを相当意識させているだろうから、華の気持ちを理解するのが和馬でなく、兄である渉にしているのかなと。

Lの一族の後継ぎとして婚活を始めるという大胆な発想で驚きの部分でもあると感じます。

和馬には美雲がべったり張り付いており、これまでのように都合よくお手柄を作るのは不自然であるから、もっと驚いたのは事件の黒幕を明かしたエピソードですよね。

事件の黒幕は和馬の上司で警視庁の蒲谷だということを明かしていて、そこに非常にびっくりしました。

(40代男性)


栗原類さん、彼の独特の世界観はこのドラマの中でも非常にいい味を出していると思います。

イギリス人の父と日本人の母をもち、まさにハーフな顔立ちが非常にハンサムでかっこいいです。

それもそのはずで、彼はモデルであり、英語力が非常に素晴らしいとされています。

それでありながら父の影響もあり、音楽好きでもあります。

このように、様々な才能を持ち合わせている彼がはいることで、このドラマの感じをまた別の魅力を引き出しているように感じ、素晴らしいドラマへと導いているように感じでいます。

世間では孤独、くらい、ネガティブなんてイメージもあるようですが、決してそんなことはなく、様々な才能を持ち合わせた素晴らしい青年であると思われます。

(40代男性)

5話:11月12日(木)

泥棒衣装で逃亡する三雲華(深田恭子)の姿が何者かに撮影されてしまいました。

このままだとLの一族が生存している証拠が世の中に出てきてしまう、それを防ごうとさっそく尊(渡部篤郎)は、てんとう虫3号調査隊を放って犯人のアジトを突き止めたのでした。

そこにあったのは、双葉美羽(田中みな実)の姿、かつて戦った女泥棒です。

ある目的を果たすために彼女は脱獄していたのです。

アジトに潜入して証拠を隠滅させないと、ただ華も尊も顔を知られてしまっています。

そこで渉(栗原類)に作らせたひみつ道具・それは人と人の意識を入れ替える装置でした。

つまり、尊が悦子(小沢真珠)に・華がマツ(どんぐり)に入れ替わることで違う顔で侵入しようとしたのです。

まず試しに華とマツを入れ替えましたが、華としては不満いっぱいです。

でも、そこでマシーンが壊れて、戻れなくなってしまったのです。

身体がマツの華、こんな状況では美羽と戦うことなど出来ません。

どうなってしまうのでしょうか。

脱獄した美羽は和馬たち警察も追っていました。

そんな折入ってきた数馬宛ての差出人不明の封筒、それを受け取った彼は一人出ていきます。

不審な行動に気が付いた美雲は数馬の追跡を始めます。

まるで渉がドラえもん、次々と便利な道具を送り込んできます。

Mの一族が生き残っているのは絶対この発明のおかげでしょう。

てんとう虫3号、名前はともかく犯人のアジトを突き止めました。

そこにいたのは双葉美羽を演じる田中みな実さん、深田恭子ちゃんが可愛らしい系ならみな実さんはセクシー系・どちらも信じられないくらいのナイスバディで悩殺してくれます。

水着写真とかはアイドルの写真集やグラビアで見ることが出来ますが、悪の総大将のまるでタイムボカンのようなファッション・ぴっちりとしてラインもあらわな泥棒衣装はこの作品でしか見られません。

目の保養となった作品、人と人との意識を入れ替える装置は、マツと華の入れ替わりというシュールな展開が面白かったです。

(40代女性)


この度の注目キャストはやはり田中みな実さんでしょう。

尊のかつてのライバルである女泥棒、ということはそれなりに年齢を重ねているはずですが、大人の色気がムンムンで素晴らしいのです。

自分でもスタイルの良さを知っていて、武器にしようとしていなければ絶対に着れない、田中みな実さんファンならこの作品を見逃してはなりません。

どうやら目的があって脱獄した模様。

こんなボスがいれば手下どももずっと付き従っているでしょうし、何より牢獄の看守が寝返って仲間になってしまいそうです。

そこに潜入するのはどんぐりさんということになるのか、面白い対決が見られそうです。

牢屋の中も自分好みにリメイクして優雅に暮らしていそうな気がしてしまいます。

(40代女性)


華とマツの中身が入れ替わったのがすごくおもしろかったです。

華とマツがお互いに特徴をとらえていたので、入れ替わっているのがすぐに分かるほどお互いになりきっているのが魅力的でした。

演技が上手いと感心したので、他の人物と入れ替わったらどうなるのかも見てみたいと思いました。

和馬と華が女泥棒に囚われてしまい、監禁されたときはどうなることかと心配になりました。

部屋の中でただ1人だけ生き残ることができるようにガスから守るマスクが置いてあったので、和馬が華をチョップして気絶させたときは、中身が華だったら逆に和馬をチョップしてマスクを着けそうだと思いながら見てしまいました。

華は無事に自分の身体を戻すことができて、女泥棒たちをやっつける姿はとてもかっこよかったです。

(20代女性)


華役の深田恭子さんに注目しています。

深田恭子さんが演じる華は、普段はおっとりした雰囲気を出しているのに、Lの一族として戦うときは威勢が良くかっこいい雰囲気に代わるギャップが素敵です。

華は和馬のことが大好きで、和馬が犯人に捕まってしまうと居ても立っても居られなくなって助けに向かうシーンがすごく好きです。

華が和馬を見つけるとすぐに助けて、犯人を追いかけて倒しに行くのがかっこよくて魅力的に思います。

また、華のファッションもいつもかわいくて真似したくなるような衣装が多いのも注目しているポイントです。

さらに、Lの一族として動くときはピッタリしたスーツ姿になるギャップもおもしろくて好きなところになっています。

(20代女性)

6話:11月19日(木)

杏(小畑乃々)の元に現れた北条美雲(橋本環奈)、和馬(瀬戸康史)の写真を見せてきた。

思わず「パパだ」と反応する杏。

これで、ついに和馬と華の間に出来た子供であることがばれてしまった。

とはいえ、更に追及しようとしたところで、てんとう虫3号の「用心棒」により窮地は脱することができる。

ただ、疑いの目が色濃くなったのは確かだった。

でもそのこと、なぜか渡(栗原類)がごまかしたため、華たちは気づかないままに終わった。

ただし尊(渡部篤郎)は渉が嘘をついていることはなんとなく感覚で分かっいたようだ。

そんなおり、杏の学校では親の仕事を子供が見学するという「子供参観日」なる行事が行われることとなる。

もちろん、子供がいること・結婚していることすべてを隠している和馬。

つまり、職場に連れていくことなど出来ないわけで…

悲しむ杏に尊が「自分たちの仕事を見学すれば良い」と言い出す。

父が駄目なら母、でもまさか子供を連れて泥棒なんてさせるわけにはいかに。

「そんなこと許さない」と強く反対する華、泥棒一家であることすら隠しているのですから当然のこと。

でも、実は尊にはある計画があった。

可愛い孫の願いをかなえてやることは出来るのだろうか…

北条美雲(橋本環奈)は、なぜそこまでしてLの一族にこだわるのだろうと思う私。

よほど、先祖代々探偵一家の北条家と、こちらも先祖代々泥棒一家のLの一族の深い悪縁は何なのかと思っていました。

しかし、先祖からの深い悪縁ではなかった。

色んな想像をしていたのですが、北条家の何者かの放火と祖父の死がLの一族のせいだと思い込んでいることと、祖父から一族の調査書を預かったことで、なにか勘違いしているのだろうか。

少しずつ、和馬に、因縁について話すようになったが、私にはよくわからない。

Lの一族のことをあばいて彼女には、なんの得があるのか。

ただ恨みを晴らしたいだけなのか。

あばいて何がしたいのか。

Lの一族は泥棒であっても、人を陥れたり、殺したりはしません。

むしろ、警察に協力しながら、悪い奴から盗み取っているだけ。

それよりも、世間に危害を加える犯人を捕まえて欲しい気がします。

これからも、一族を更に追い詰めていくのでしょうが、本当に何がしたいのでしょう。

(40代女性)


やはり桜庭和馬(瀬戸康史)と北条美雲(橋本環奈)の二人だと思います。

美雲は、ますます和馬のことが好きになっていくのが分かりますね。

ただの推理するのが好きで、女性の魅力をさほど感じない役ですが、和馬に対しては女性的な一面を見せる瞬間は、可愛く思えるときもます。

Lの一族に対しての執念がなければ、純粋にいい役だと思うと、可哀そうにも思えます。

元々和馬に近づいた理由は、Lの一族との関係を暴くためでしたが、和馬は素直すぎます。

いいように、美雲の情報に踊らされている感じです。

素直で優しいところが、彼の魅力なのでしょうが。

もう少し、美雲に関しては警戒し、伝えられる情報も慎重に扱ってもらいたい気持ちでいっぱいです。

今後は美雲には注目が外せません。

(40代女性)


華と和馬の娘杏は、探偵の美雲に名前を聞かれて答えそうになるが、友達から知らない人に名前をおしえてはダメと言われて危機一髪逃れることができたが、華の家では警報がなったりで一番ハラハラしました。

杏につけていたてんとう虫のメカも、活躍してなんとかこの場をにげきれたが、渉は自分の恋した人だったからLの一族と、自分の恋に一人悩んでしまう。

誰か相談できる人がいないのも可愛そうだと感じました。

家族にこの事がばれたときも、一人ロミジュリと言われてしまって、傷口に塩をぬりこむような発言で、渉の恋心が心配になりました。

杏は自分の父親の仕事がみにいけなくて、がっかりしてしまうが、それを華の両親たちの仕事をみせることになるが、やはり泥棒の仕事をしてしまうので、華の気持ちを考えると怒ってしまう気持ちもよくわかります。

(30代女性)


円城寺さんが、また歌いながら、杏が華の両親たちの仕事場をみにいくことを楽しく歌っておどってミュージカル風にしているのが、耳にのこる歌詞で思わず口ずさんでしまいます。

今回は華の父親尊の動きも気になることが多くてみどころでした。

和馬に、自分の身に何かあったら華と杏をまかせるといって意味深だったので、もしかして捕まってしまうのかなと不安でした。

しかし、ちゃんと逃げることに成功さらに音声認証に必要な声まで入手するすごわざでした。

美雲も、一度忘却スプレーをあびせられるが記憶が一部とんでいることに違和感を感じ、忘却スプレーをふせぐすべとして鼻の穴に、においをすわないように脱脂綿をいれてふんとはきだす姿は見事でした。

(30代女性)

7話:11月26日(木)

華は美雲に忘却スプレーをあびせたが、美雲は鼻につめものをしていてにおいをかいでいないので忘却していない。

和馬も心配で翌日、何か覚えていないか美雲に聞くが、美雲は嘘をついて、何も覚えていないふりをする。

杏の小学校では出し物として、Lの一族を演じることになる。

なんと杏は、Lの一族のお祖母ちゃんの役だった。

杏は泥棒になるなんて悪い人の役なんて嫌だと拒むが、尊が「Lの一族はダークヒーローで良い泥棒である」ことを伝えて杏の気持ちを切り替えてくれる。

お祖母ちゃんは直伝のさだきちを杏に教える。

その頃和馬たちは、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件をおっていた。

そこには、Lの一族の声明を偽造したものがあり、Lの一族の仕業にしたてあげられてた。

和馬と美雲は、この犯人をおっていた。

この殺人事件には意外な人物、殺し屋ナターシャがかかわっていることをつきとめた。

仕事を終えた和馬と美雲は家に帰ることになり、美雲は、和馬の家をつきとめLの一族の居場所を見つけようと考えていたが尊がそれをみぬいていて、円城寺さんを和馬のボディーガードにつけていた。

美雲が、和馬の家をつきとめようとすると目の前に円城寺さんがあらわれたのだが…

現在準備中です。

ルパンの娘2のキャスト・出演者

三雲華:深田恭子

三雲悦子:小沢真珠

三雲渉:栗原類

三雲マツ:どんぐり

三雲巌:麿赤兒

三雲尊:渡部篤郎

桜庭和馬:瀬戸康史

桜庭美佐子:マルシア

北条美雲:橋本環奈

ルパンの娘2の作品情報

番組タイトル ルパンの娘
放送局 フジテレビ系列
放送日時 2020年9月28日
22:00~
原作 横関大 『ルパンの娘』
主題歌 サカナクション「モス」
公式サイト 番組公式サイト
Twitter
Instagram

2週間無料お試し実施中/

今すぐ無料トライアル
ルパンの娘2
を無料視聴する>

↑無料お試し期間中に解約すれば↑
料金はタダ

※本ページの情報は2020年11月時点のものです。 最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。